ハィパァゲィム

ハィパァゲィム

あらすじ

「ハイパーゲームって、知ってる?」

関東地方のどこかにある、眠っているような町。
高校生の鯨峰不二之は、穏やかな日々を過ごしていた。
大学生の兄と仲良く暮らし、学校には友達がいて、
お金に困るわけでもなく、それなりに楽しく暮らせている。

ただひとつ、数ヶ月に一度の“それ”さえなければ。

そんな折、ご近所に男の子が引っ越してくる。
顔が良くて、頭も良くて、お調子者で馴れなれしい。
空呂木冬宇という名の少年は、不二之のクラスメイトとなり、
毎朝、登校時には親し気に声をかけてくるようになった。

けれど、鏡を目にするたび不二之は顔をしかめてしまう。
いつも教室の隅で、黙々と読書に勤しむ地味な自分。
――わたしとあなたは違うの。
その一言を冬宇に告げられないまま、時が過ぎてゆく。

「ハイパーゲームそのものはどうでもいいんだ。
 君がそれを知らないということが重要なんだよ」

この瞬間は、存在しない。
この会話は、消えてゆく。
この想いは、幻になる。

幸せになることを夢みた少女と少年が
世界の不条理に挑む“途方もない物語”

ご紹介

 東京創元社主催の第23回鮎川哲也賞に応募し、一次選考通過(二次選考にて落選)した長編小説『ハィパァゲィム』を全面的に改稿・加筆しました。

 上巻と下巻があります。
 上巻は無料で公開しています。下記のリンクを参照してください。
 Kindleストアからも購入できます。ただし、有料となります(最低価格の設定としています)。

 下巻は有料のみ(Kindleストアから購入)ですのでご注意ください。

ハィパァゲィム[上]空呂木冬宇の幸福論
mobiファイル
html形式
Kindleストア ※有料です。
ハィパァゲィム[下]鯨峰不二之の幸福論
Kindleストア ※有料です。

 mobiファイルには、対応するアプリケーションが必要です。
 たとえば Kindle for PC / Kindle for Macを利用することで、パソコン上で読むことができます。

 html形式は、横書きとなるなど表示に一部差異がありますのでご注意ください。

Q&A

Q.タイトルからすると、どこかの地下室に監禁された人たちが殺し合いを強制される話ですか?
A.いいえ、ラブコメ風味の学園ミステリです。

Q.本当に学園ミステリですか?
A.はい、もちろんです。高いところから人が落ちてなんやかんやあったり、教室がいつの間にか密室になっていたり、カワイイ男のコが文化祭で女装を強要されたりする、ごく普通の学園ミステリです。

Q.途中からホラー展開になったりするんですか?
A.まさか、そんなことはありません。試しに“血”という文字を数えてみましたが、80個くらいしかありませんでした。わずか0.025%ですから、ぜんぜんホラーじゃないですね!

Q.80個で0.025%? 逆算すると、32万文字ですよね。長くないですか?
A.た、たいした長さじゃないですよ。薄手のライトノベルを思い浮かべてもらえばいいと思います。それの……三冊分くらい……だったかな……。

Q.ややこしい話ですか。
A.なぜそんな質問をされるのかわかりませんが、ミステリとしても読み応えのある作品にしたいと頑張りましたので、若干の複雑さはあります。感じ方には個人差があります。できれば下巻を読むのは体調の良いときにしてください。

Q.ぶっちゃけ、アラフォーにもなってイケメン男子高校生が主人公の話を書くのって、どんな気持ちですか。
A.泣くぞ! 赤子のように声をあげて泣くぞ! この話を構想し始めたときは、まだアラサーだったんだよ!

© 2016 ODA MAKIO All rights reserved.