初めは「一昔前だったら、どこでも当たり前の話だったろうに」くらいに思っていたのだけど、なんだかあちこちのサイトで議論されてるものだから、いろいろと考えさせられてしまった。

作家の坂東眞砂子が18日の日経新聞で日常的に子猫を殺していると語る
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/770743.html

 子猫を殺すことが悪かと問われたら、そりゃあ悪だろうなあと思う。子猫可愛いし。
 でも、それじゃ保健所なんかで野犬とかを「処理」してる職員とか、牛さんや豚さんを「加工」してる業者の方は悪人かというと、それはちょっと違うよなと思う。猿とかマウスとか、実験動物が科学に与えてくれた恩恵なんかも計り知れないし。

 そうだよね、やっぱり人間の都合のために動物が殺されるのはしかたがないよね。
 だから、鬱屈した高校生が夜中に金属バットを持って小学校の兎小屋に忍び込んでストレスを発散するのもしかたのないことだし、乱獲とか自然破壊で動物が絶滅しちゃうのもしかたのないことだし、悪徳ペット業者が無理な繁殖をさせて奇形が生まれてくるのしかたのないことなわけだ。

 ……んなわけないわなあ。やっぱり、ある行動が倫理的に適切か否かどうかっていうのは、そりゃまあ事例とか一般論も大事だけど、当人が直面している問題そのものをみつめないとなあ。
 坂東眞砂子の文章によると、親猫に避妊手術を受けさせるか、あるいは子猫を直接殺すかの二択を考えた末に、子猫を殺すことを選択したらしい。
 まあ恐らく、より人間らしい回答は「本当にその二択しかないのか、問題をとらえなおせないの?」ということかなあ。

 まず考えられるのは、子猫を他の猫好きな人に預かってもらうことだろう。リンク先の掲示板を見ると、猫殺しを非難する物凄い数のコメントがあった。まさかこれがすべて口先だけなんてね。これだけ心優しい人がたくさんいれば、預かり手なんてすぐにみつかるでしょう。
 なんて下手な皮肉はさておき、他にはまあ、猫を飼うこと自体をやめるとか、雄猫が来ないようにするとか、いっそ私財を投げ打ってでも猫を全部育てるとか、その地域住民や行政を巻き込むとか、うん、まあ、ぶっちゃけ、当事者の人でないと最善の方法なんてわかんないんだよね……。

 エー、というわけで結論としては、僕にはどうもよくわかりません。大事なのは、坂東さんがやってることが倫理的に正しいかどうかではなく、板東さんの立場に自分が立たされたときに、なにができるかを考えることだと思います! 当事者意識を持って考えましょう! でも僕は面倒くさいからもう知らん! 文章長いっちゅうねん!

 (気を取り直して)思うに、論点は三つある。

 (1)坂東眞砂子が思ってもいないような他の解決方法はないのか
 これは上で検討した通り。当事者じゃないからよくわからん。

 (2)避妊手術より子猫殺しを選択した考えは正しいか
 この場合、猫に親子愛はあるのかどうかが重要になる。
 どうも、文章を読む限りでは、板東さんは猫に親子愛など無く「盛りのついた時にセックスして、子供を産むこと」だけを「生」と考えているようだ。しかし猫に親子愛があり、それが子作りなどと同じくらい重要なら、板東さんの主張は根本的に成立しない。
 というわけで「猫に親子愛があり、それが子作りと同じかそれ以上に大事である」ことが客観的に立証できるなら、板東さんは間違っている。
 ただ、僕は猫を飼ったことないからわかんない。既に板東さんは猫を飼っていて、その経験をもとにだした答えなのだから、猫に親子愛が無いと考えるほうが適切なのかもしれない。
 更に、猫に強い親子愛があったとしても、板東さんの買ってる猫がたまたま子育てに興味ない冷たいヤツだという可能性もある。

 (3)避妊手術さえ選択すればそれで解決なのか
 これは(2)より難しい問題だなあ……つまり、そもそも猫に避妊手術受けさせること自体、倫理的に正しいの? という疑問なわけで、これはもう板東さん個人の問題を超えてしまう。
 正直、こんなの僕にはサッパリわかりません。なので、問題の形を少し変えてみよう。

 (3)’避妊手術は子猫殺しより穏当といえるのか
 ほら、これならわかりやすいし考えがいがある。例えば、こんなふうに考えてみたらどうだろう。
 Aさんという人が「老後は海外でノンビリと」なんて考えてタヒチで暮らし始めたとする。運良く隣の家の人は日本人で、しかも映画化された小説を書いた有名な作家らしい。ああ、いいところに来たなあとAさんは思うだろう。
 ところがある日、その有名作家の家から凄い悲鳴が聞こえてくる。家の裏にある崖下を覗いてみると、子猫の死体が無惨に転がっている。ハハア、子猫が誤って崖から落ちたのだな、さぞや気を落としているだろうとその小説家に慰めの声をかけると……。
 そりゃあ、嫌だわなあ。板東さんの言ってることが正しいか正しくないか以前に、そんなことしてる人が隣に住んでいてほしくないわなあ。

 要するに、板東さんはもう自分で理屈を考えて勝手に納得してるかもしれないけど、そんな高尚な理屈を知らない他人からすれば子猫を殺すなんて残酷なのは当たり前で、ぶっちゃけ迷惑なのよね。
 と言っても、僕は人が殺される話ばっかり書いてるアマチュア創作家だから、やっぱり隣に変な人が越してくるリスクはあっても、思想の自由が保証されるような社会であってほしい。だから、結論としてはとりあえず、板東さんの主張を全否定することはしたくない。
 したくないけれど……でもまあ、確かに「変な人が隣に住んでいて欲しくない」って気持ちも真っ当だわなあ。

 あのね、いきなりだけど、全然別の話をしようか。
 いまもやってるか知らないけど、日本テレビの「世界まる見え!テレビ特捜部」で、よく海外の「レスキュー911」という番組を紹介してたんよ。災害事故とかに遭った人がレスキュー隊に助けられて奇跡の生還を遂げるっていう実話ドキュメンタリーね。
 あの番組、好きだったんだけど……なんか、助けられた人が健康を回復してるシーンが必ず終わりに来るのね。あれが違和感あって……だって、日常生活が困難なくらいの、それこそ生きていること自体が苦痛なくらいの、一生もう癒せない傷を負った人だっていたはずでしょ? どうして番組になるのは、いつもいつも治った人ばかりなの?
 たくさんの人がいる世の中で、自分にしか見えない弱い人っているから、いざというときには、自分がその人を助けよう。せめてそれくらいの気持ちは持っていたいなあと思う。